「泣かない子ども」 江國 香織

題名に惹かれて手に取ったものの、エッセイは滅多に読まないし、どうしても馴染めなくて失敗だったかな、って思っていた矢先の「夜の歩道橋」あたりから江國ワールドに引き込まれていくのがわかりました。
もう一度読み直してみると、今度はすんなり受け入れらることができました。

これを読んで私も好きになった言葉で「またあしたね」っていうのがあります。
小さい子でも使うような些細な言葉なんだけど、言われると嬉しいし、言っても嬉しい言葉です。
なんだか江國さんって全体的に子供みたいな感性を持った人だなんて思いました。
今度は小説も読んでみたいと思います。

★★☆

follow us in feedly