「天国はまだ遠く」 瀬尾 まいこ

仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。
23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。
自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把な優しさに癒されていく。大らかな村人や大自然に囲まれた充足した日々。

だが、千鶴は気づいてしまう、自分の居場所がここにないことに。
心にしみる清爽な旅立ちの物語。

上手くいかないことばかりで、いっぱいいっぱいの日常。
なんだか体の調子も悪いし、もう、むりだ。

追い詰められた気持ちでいっぱいの千鶴は、とうとう死ぬことを決意する。

人が死にたいと思うとき、多くの場合は「死にたい」のではなく、「もう生きていたくない」「これ以上は無理だ」といった、現実からの離脱を望んでいる気がします。
というのも、上手くいかない現実に対して、対応しうる術が思いつかない、あるいは、絶望しかないと感じてしまうから。

千鶴が行き詰まった主な原因は、職場での人間関係。
職場にいる時間は、1日の1/3を占めるし、影響力が大きいですよね。

辿りついた山奥の民宿にいる「田村さん」や、自然との触れ合いの中で、少しずつ生きる力を取り戻していく様子がとてもリアルだなぁと思っていたら、一部著者の実体験も含まれていたんですね。

読み終わった後はふっと心が楽になります。気持ちいい風が吹いた後みたいな清々しさ。
心が疲れたとき、豊かな自然や温かな人との触れ合いほど心に染み入るものはないですね。

★★★☆

follow us in feedly

「僕らのご飯は明日で待ってる」 瀬尾 まいこ

体育祭の競技“米袋ジャンプ”をきっかけに付き合うことになった葉山と上村。
大学に行っても淡々とした関係の二人だが、一つだけ信じられることがあった。
それは、互いが互いを必要としていること。でも人生は、いつも思わぬ方向に進んでいき…。


久しぶりの瀬尾さん。
読んでいて、心にあかりが灯るような、温かさのある物語でした。
神様は乗り越えられる試練しか与えない、とはいえ、なかなか人生ハードモードな二人が、壁を乗り越えて一緒に手を繋いで歩いていく様子に、思わずやさしい気持ちになりました。

章を重ねるごとに少しずつ互いの呼び名が変わってきたり、二人の距離感がまた絶妙でくすぐったい。
それにしても、本当に随分と試練の多い人生に思わず理不尽さを感じずにはいられないけど、実際のところ人生なんてそんなもので、ままならない。
特に最後の山場は、読者である私ですら「なんでそうなるの」と悔しいやら可哀想やら。
でもそんな時、彼女が一人じゃなくてよかった。大切な彼女へわくわくしながら贈る本を選ぶエピソードが好き。それから、ふりかけの話も。

実際のところ、なんだって命ありきだよね、と改めて噛み締めながら、もし自分に何か辛いことがあったら、死にそうなくらいショックなことがあったら、もう1度この本を手にしたい。
辛いことがあっても、翌朝の食事に楽しみが見いだせたら、きっと毎日は随分明るくなる気がします。

なんでもオープンにすりゃ、誠実や思ってるなんて、若気の至りや。あほらしいで。  (p89)

★★★★

follow us in feedly

「卵の緒」 瀬尾 まいこ

僕は捨て子だ。
それでも、母さんは誰よりも僕を愛してくれる。「親子」の強く確かな絆を描く表題作。
家庭の事情から、二人きりで暮らすことになった異母姉弟の物語「7’s blood」も収録。


読みたかった、瀬尾さんのデビュー作。
最初からこんなにも完成度が高かったのかと、驚きました。
心の隙間に染み入るように、じんわり温かい気持ちになります。

「捨て子」「不登校」「DV」「受刑者」「親の病死」と、やはり取り扱っている内容は軽くない。
でも、その重さを感じさせないような柔らかさとひたむきさが瀬尾さんの小説にはあるような気がします。

表題作の「卵の緒」は美味しそうで、愛情いっぱいで、読んでいて本当にほんわかした気持ちになりました。
母は強い。いわゆる「常識」というものに囚われることなく、型にはまらず精一杯の愛情を持って子どもを育てることの偉大さを垣間見ました。
常識の中にいないことは、一歩間違えると後ろ指を指されたりすることかもしれないけれど、相手と向き合って愛情を注ぐことで守られるものがたくさんあるように思います。
「7’s blood」もよかった。七生の健気さに心を打たれました。

孤独を知っている人の方が、優しくなれる気がします。
血の繋がりはもちろん大きいけれど、二人を繋げたのは母の愛情だっていうことも胸にくる。
ちょうど七子たちの年齢くらいの頃、私も夜はどこまでも歩いて行けそうな気がしてた。この年齢独自の空気感がリアルに再現されているのもいい。

震災後、「絆」というものに敏感になっているせいか、この小説にある血の繋がらない絆と血の繋がりによる絆がより一層愛おしく感じました。
瀬尾さんはやっぱり、いいな。

夕暮れでも海でも山でも、とことんきれいな自然と一人じゃないって確信できるものがある時は、ひとりぼっちで歩くといいのよ。母さんの言うとおりだ。  (p47)

★★★★

follow us in feedly

「強運の持ち主」 瀬尾 まいこ

元OLが、営業で鍛えた話術を活かして占い師に転職。
ショッピングセンターの片隅で、悩める人たちの背中を押す。
心温まる4つの連作短編集。


最初は随分ノリの軽い主人公だなあと思ったのですが、読み進めていくうちに彼女なりに仕事に真摯に向き合っていたり、大切にしたりしていることがわかりました。
「大事なのは正しく占うことじゃなくて、その人がよりよくなれるように、踏みとどまってる足を進められるように、ちょっと背中を押すこと」という彼女のモットーが好き。
基本的に占いにはあまり関心はないですが、彼女のような占いならちょっと行ってみたいかも。
誰かにすこし背中を押して欲しい時や、大丈夫だよって言って欲しい時ってありますものね。

恋人、通彦との関係も好き。
正反対でありながら、しっくりくるような相性のいい二人。微笑ましいなあ。
それにしても通彦の料理のセンスはすごいですね。
鍋にマカロニって。カレーに葛きりって。毎日がまるで闇鍋みたい。

悩んだときに頼るのは、上司でも、恋人でも、占いでも、直感でもいい。
自分が気持ちよく進めるように、困難を乗り越えられるように道を整えていくことが大事。
この本を通してそんなことを感じました。

読んで癒され、心がほっこりしました。瀬尾ワールドはやっぱりいい。

★★★★

follow us in feedly

「幸福な食卓」 瀬尾 まいこ

「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」
冒頭の1行です。
瀬尾さんはいつも、「なになに、どういうこと?」と思わせ、読者を惹きつけるのに長けている気がします。
父さんを辞めた父さん。
独り暮らしを始めた母さん。
勉強もスポーツも万能なのに、大学に行かなかった兄。
ちょっと変わった登場人物が織りなす優しい物語でした。

瀬尾さんの書く男の子が魅力的で、たびたびキュンとしてました。
特別描写が詳しいわけでもないはずなのに、登場する食べものはどれもとても美味しそう。
それは食べものがいつも人の手を介して登場するからなのかな。
タイトルの指す「幸福な食卓」はきっと、家族で囲う食卓のことなのでしょうね。
人の優しさに胸がぽかぽか。

そんなに感情移入していないと思ったのに、意外にも結構泣きました。
12個のシュークリームで、再び心がぽかぽか。

「すごいだろ?気付かないところで中原っていろいろ守られてるってこと」   (p58)

★★★☆

follow us in feedly

「優しい音楽」 瀬尾 まいこ

これはいい。すごく、いい。
気持ちがとてもほっこりしました。
「優しい音楽」「タイムラグ」「がらくた効果」の3作品が入った短編集です。

「優しい音楽」
謎が解けていく快感と、調和のとれたラストにやられました。
なんて素敵な表題作。装丁もまた小説の魅力を十分に表している気がします。
大好き。

「タイムラグ」
なんだって、と新事実がわかるたびに驚かされるような設定でした。
もっとずっと読んでいたい、と思いました。
気づけば登場人物すべてがとても素敵に感じられたのも瀬尾マジックの1つかもしれません。

「がらくた効果」
心の中でくすくすけらけら笑いながら読みました。
最初は「なにそれおもしろい」なんて楽しい気持ちで読んでいたのに、はっとさせられるような深さもあって、読了感もとてもよかったです。
これは、読んだら確かに瀬尾ワールドにはまるかもしれない。
ちょうど音楽好きの友人の誕生日があるので、この本もプレゼントしようと思ったほどによかったです。

毎日眺める物だし、毎日自分のそばにある物はおしゃれじゃないといけない。  (P87)

★★★★☆

「図書館の神様」 瀬尾 まいこ

初めての瀬尾さんの本です。
とても読みやすくて、すらすらと読み進められました。
これは、清く正しく生きてきた主人公の、挫折と再生の物語でした。

何が正しくて何が正しくないのか、という問題ではなく、狭い枠組みで考えていた「正しさ」が、よりしなやかに柔軟性を持つものに変化していくのが、とても心地よかったです。
ものの見方次第で、世界はまるで違って見えるのがおもしろいですよね。
「絶対的な正しさ」なんてものは存在しないかもしれない。
それでもそれは決して、「正しさ」が存在しないことではない。
軽い話を扱っているわけじゃないのに重すぎず、読了後はかるく爽快感すら味わえました。

自分以外の世界に触れる方法を見つけられると、世界は豊かさを増す気がします。
お願いをする対象に過ぎなかった神様が、いたるところに感じられたことにも主人公清(キヨ)の世界の広がりを感じられて嬉しくなりました。

仕方ないか。楽なことにつまらないものはつきものだもんな。

「きっぱりさっぱりするのは楽じゃん。そうしてれば正しいって思えるし、実際間違いを起こさない。だけどさ、正しいことが全てじゃないし、姉ちゃんが正しいって思うことが、いつも世の中の正しさを一致するわけでもないからね」   (P43)

★★★

follow us in feedly