「異郷の煌姫〈3〉―デルフィニア戦記 第2部」 茅田 砂胡

国王の下には押しかけ愛妾が出現し、王女にはタンガの皇太子との縁談が持ち込まれた。
暗殺の次は策略か!?日頃は剛胆なウォルも無敵のリィも、敵国の謀議に激怒した。

この事態に抗すべく両者の婚姻がデルフィニアの国を挙げて敢行される。
が、厳粛な式の最中、急を告げる使者の叫びが聖堂に響きわたる。

心を、持っていかれました。

第2部の最終巻。
シェラの話も少し掘り下げられていいのですが、なんといっても国王とリィのプロポーズシーンが最高でした。 続きを読む

「異郷の煌姫〈2〉―デルフィニア戦記 第2部」 茅田 砂胡

騎士バルロが出撃する。叔父マグダネル卿を討つために―!
サヴォア一族の内紛とは王家失脚を企む卿と、その陰謀を阻止せんとするバルロの対立だったのだ。
卿の背後にはデルフィニアを狙う隣国タンガとパラストが蠢いていた。

この国を揺るがす危機をウォルそしてリィはいかに乗りきるのか。

忙しい日々にこそ、ファンタジーを

食い入るように読んで、一瞬で読み終わってしまいました。
舞台が現実離れしているから、一つの世界として確立された舞台があるから、本当に現実逃避になっていいです。 続きを読む

「異郷の煌姫〈1〉―デルフィニア戦記 第2部」 茅田 砂胡

デルフィニアの内乱に勝利し、ウォルは再び玉座に即いた。
黄金の戦女神とたたえられたリィもまた王女の称号をもって白亜の宮殿に迎えられた。
それから三年―平穏だった王都に暗雲が立ちこめる。

リィをつけ狙う不気味な暗殺者。不可解な公爵家の挙兵。陰謀を察知したウォルの決断とは。

さあ、新しい時代の幕開けです。

第1部、ウォルが王座を奪還した3年後の物語です。
好きなキャラクターがいる物語は、本を手にするだけでわくわくします。 続きを読む

「放浪の戦士 <4> デルフィニア戦記 第1部」 茅田 砂胡

流浪の国王ウォルとリィの率いる軍勢は王都コーラルの目前に迫った。
だが、救出すべき父はすでに亡く、王座奪還の目算も潰えた。欲するは父の敵の首ひとつ―!
同胞相討つ内乱を避け、わずかな手勢で城に乗り込むウォルの運命、そしてデルフィニア争乱の行方は?第1部放浪の戦士篇完結。

ひとまず第一部の完結!
あーおもしろかった!
すごくすっきり爽やかなラストで、胸がすく思いです。

軽口の笑えるやりとりも魅力だけど、魂のこもった長台詞が心に響きます。
読み終わってからまたすぐ読み返したり、何年も経ってもまた読みたいと思わせる程の魅力がありますよね。たぶんきっとまた再読します。

それにしても非日常の物語の中においても現実離れしたリィの荒業には、わくわくさせられっぱなしでした。
ひと段落したとはいえ、もっともっと見ていたい。

という要望に応えるように、まだまだ続きが12巻もあるとのこと。読みたい本があるって、幸せ。

★★★★

follow us in feedly

「放浪の戦士〈3〉―デルフィニア戦記 第1部」 茅田 砂胡

緒戦の大勝利に沸く兵士たち。しかし国王の陣幕だけが重く沈んでいた。
軍を解散せよ、さもなくば―敵は養父・フェルナン伯爵を盾にした露骨な脅迫にでたのだ。
大義か?ペールゼン侯爵の専横に屈するのか?苦渋の選択を迫られたウォルは逆転を賭して、バルドウの娘に伯爵救出を託したのだが。

これは、泣ける。泣くなという方が無理だ。

物語の緩急の作り方が絶妙に上手くて、おまけに美しい映像が頭に浮かぶような世界観もよくて、のめり込むようにして読みました。

フェルナン伯爵のお人柄が本当によかった。
この物語には忠義とか信義とか、己の信じる道を突き進む人たちがたくさん登場して、その曲がらない信念に惹かれます。
と同時に、それぞれに譲れないものがあると争いが生まれることもあるし、最近のニュースを見ているとあまり曲げられないのも考えものかもしれないと思うのですが。

だから、リィくらいのスタンスがきっとちょうどいい。
物語はここでまた大きな爆弾を落としてきて、続きが気になるところ。再読だけど、結構忘れていて再び新鮮な気持ちで楽しめてます。

★★★★☆

follow us in feedly

「放浪の戦士〈2〉―デルフィニア戦記 第1部」 茅田 砂胡

卑劣な陰謀によって偽王の濡れ衣を着せられ逃亡する男・ウォル。異世界から落ちてきた少女・リィ。
孤独な魂の邂逅からはじまった旅に志を同じくする仲間たちが結集、国王軍が結成された。だが、首都コーラルを目指し進軍する彼らを待ち受けるのは、敵の大軍と悪辣な罠なのだ―。


あまりの楽しさに一瞬で読み終わってしまって、少しもったいないことをしました。次はもっと味わって読もう。

リィの常人離れした様子が描かれるながらも、周りの人たちに受け入れられていくのがなんだか微笑ましいです。
リィはリィのままでいいんだなぁと、受け入れる側の懐の広さと、それを一番にしてみせた王様の器の大きさが頼もしくて、じんわり温かい気持ちになりました。

劣勢ながら、本当に彼らなら王都奪還も夢じゃない、そう思わせつつ疑念の種を撒くことも忘れないのがにくいところ。

はやくも続きは…??と気になるけれど、今回は準備ばっちりに次巻も手元にあるので、じっくり読んでいこうと思います。ああ、楽しい。

★★★★

follow us in feedly

「放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部」 茅田 砂胡

男は剣を揮っていた。黒髪は乱れ日に灼けた逞しい長身のあちこちに返り血が飛んでいる。
孤立無援の男が今まさに凶刃に倒れようとしたその時、助太刀を申し出たのは十二、三と見える少年であった…。
二人の孤独な戦士の邂逅が、一国を、そして大陸全土の運命を変えていく―。


何年かぶりの再読です。
もしかすると10年以上ぶりなくらい。
これは、とにかく心躍るファンタジー。
読みながら思い出すシーンもありつつ、ああ、やっぱり面白い…!!とわくわくしながら読みました。

なんといっても、キャラクターがすごく魅力的。
信念があって突き進む人というのは、なんてカッコよく映るものなんでしょうね。この時代に生きていたら、この人についていきたいと思わせるような、この魅力。
読者だから余すところなく彼らの活躍が見られて、すごく嬉しい。

物語はまだ始まったばかりで、これから大冒険は続くところ。
2冊目を先に入手しておかなかったのを後悔してます。
読み終わった後の高揚感はほんとにやばいというくらい、わくわくしてます。

ずっと再読したいと思っていた本ですが、読み終わってもきっとまた読みたくなること間違いなしです。

男は一人でいることを強要されて、少女はひとりぼっちで放り出されて、自然と寄り添う相手を探していたのかもしれない。  (p95)

★★★★☆

follow us in feedly