「29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。」 葉山 アマリ

銀座のホステス、ヌードモデル、ラスベガスでギャンブル…
余命を1年と決めた彼女はもうすべて失ってもかまわないと思った。
日本感動大賞(第1回)大賞作品


30歳の誕生日まであと数日。
そんな時に、書店で偶然見かけた衝撃的なタイトル。
気になって思わず購入しました。本書はどうやら、第1回日本感動大賞なるものの大賞作品で、実話を基にしたノンフィクションとのこと。
恋人も友達もいない29歳の派遣社員が人生に絶望し、絶望の中自分の余命をあと1年と決め、人生のクライマックスを享楽の都ラスベガスに求め人生を変える。
そんな物語です。

冒頭の彼女の絶望はすごくリアルでした。
そして、そこにいきつくまでの過程も、なんだか「あるある」な気がします。共感する人、多いんじゃないでしょうか。
すらすらと読めて、クライマックスが近づくにつれてわくわくする。ドキドキする。

冒頭で絶望を共有しただけに、物語が進み彼女が変わっていくにつれて心地よさが体を駆け抜けていきます。
「死のうと思えば何でもできる」
陳腐かもしれないけど、実際のところそのとおりだと思います。
流動の1年を綴ったこの本は、たしかに勇気をもらえる1冊でした。

「経験を通じて自分のものさしを持つっていうのはとても大事なことなんだ。
それは君を人の評価から解放してくれて、生きることを楽にもしてくれると思う」  (p103)

★★★★

follow us in feedly