「鴉」 麻耶 雄嵩

弟の失踪と死の謎を追って、地図にない異郷の村に潜入した兄。
襲いかかる鴉の大群、連続殺人…メルカトル鮎が導く逆転と驚愕の結末。
東京創元社98年度「本格ミステリ・ベスト10」第一位。


地図に載っていない異郷の村が舞台で、登場人物の名前はルビがないと読めないような個性的な名前で、一風変わった独特な世界観にすぐに魅了させられました。
外の世界から閉ざされた四方を山に囲まれた村だなんて、ミステリーの舞台にぴったり!

本書は97年のNo1ミステリーにも輝いた作品だそうで、どこにどんな伏線が張られているのかと目を凝らして読んでいたんですが、読めば読むほど謎が深まるばかり。
とはいえ、やっぱり伏線はいたるところに張られていたんですよね。読み返してみるとなるほどと思うところもたくさん。

<ネタばれ>
続きを読む